トップページ >D51 827について

D51 827について


D51827_00 D51827_01 D51827_02 D51827_03 D51827_04 D51827_05 D51827_06 D51827_07

D51 827
  (国鉄D51形蒸気機関車 827号機)

製  造 昭和18年 浜松工場
改  造 平成29年 有田川鉄道公園
駆  動 圧縮空気方式
所  有 アチハ株式会社

D51 827のあゆみ
D51 827は昭和18年(1943年)静岡県浜松市の浜松工場で製造され、米原機関区に所属した後、1973年まで中津川機関区で活躍しました。 SL運用による中央西線最後の記念列車を牽引し引退(総走行距離215万5875㎞)。引退後は40年に渡り愛知県の個人が保管し、2017年4月アチハ株式会社へ譲渡。 従来の石炭を用いたものではなく、圧縮空気方式に改造し、2017年7月より有田川鉄道公園にて新たな一歩を歩みはじめました。

圧縮空気方式とは
従来のSLは燃やした石炭で水を熱し、高圧な蒸気を動力源とするものですが、圧縮空気方式では軽油を用いて電気を作り、空気を押し出すコンプレッサーを作動させ、 高圧な蒸気に匹敵する圧縮空気を機関車へ送り込むことによりSLを動かしています。発電機やコンプレッサーなどの機器は炭水車に搭載しています。 また、石炭を用いるよりも環境に優しく安全です。

特別な免許が無くても運転できる
従来のSLの運転にはボイラー技士の資格が必要ですが、火気や蒸気を扱わない圧縮空気方式では特別な免許が不要です。 操作する機器の配置から身長140㎝以上の方であればお一人で、保護者の方の補助があれば小さなお子様でも運転が可能です。 SLの運転を習熟した乗務員が、法令に定められた注意事項と操作方法をわかりやすく御説明し、運転時は必ずお立ち会いいたします。

子どもたちに夢と感動を
有田川鉄道公園ではD51 827が客車を牽引する「乗車体験」を実施しています。2017年7月からの営業運転では、1日に700名余りのお客さまに御乗車いただくこともあり、 未就学のお子さまを中心に大変御好評をいただいています。2017年11月からは、乗車体験の休憩時間内にD51 827や客車を題材とした、親子で楽しめる鉄道クイズラリーも加わり、 SLの迫力を間近に感じ、SLをはじめとした鉄道文化や技術の魅力に触れていただける機会を設けています。走行距離約400mという短い距離ではありますが、心に残る、約25分間の 小さな旅を御提供しています。

鉄道員体験を通じ、子どもたちのone-upを応援
乗車体験に加え、小学生以下限定で「鉄道員体験」を実施しています。鉄道員体験とは乗車体験されるお客さまの誘導や改札(切符のもぎり)、客車内でお客さまをおもてなしする車内アナウンス、 クイズラリーの問題についてお客さまにヒントを与えたり、乗務員と一緒に出発合図(手笛)を行う職業体験メニューです。
定員80名余りの客車に御乗車のお客さまから注目を浴び、尻込みしてしまうお子さまもいらっしゃいますが、 お客さまのあたたかい声援で、勇気を出して車内アナウンスや大きな声で挨拶ができるようになるお子さまも多くいらっしゃいます。アチハは子どもたちのone-up(小さな成功体験による自己成長)を応援します。

※鉄道員体験は1便あたり最大2名までの受付となります。事前予約を受け付けておりますので遠方よりお越しの方は御予約をおすすめいたします。
【 事前の御予約先(有田川町役場 商工観光課) 】
・FAX:0737-32-9555
・Mail:umemoto.y [at] town.aridagawa.lg.jp )
メールの場合、[at] を@に変えてお送りください。件名に「鉄道員体験」、本文に「参加日程」「お子様のお名前・年齢(学年)・住所」「保護者様のお名前」「電話番号」を入力のうえ、送信してください。
※鉄道員体験は小学生以下(概ね5歳以上)に限らせていただきます。御理解の程、よろしくお願いいたします。

SLで地域おこしを(リース事業)
弊社は1000両以上の鉄道車両を運搬、レールを敷設する技術を有していることから、鉄道が無い地域やテーマパーク、ショッピングセンターの駐車場など、あらゆる地域に SLとレール、各種体験メニューをお貸出し(リース)できることを強みとしています。地域の特性や環境にあわせ、柔軟な体験メニューを御提案いたしますのでお気軽に御相談ください。

※SLリース事業の御相談は「アチハ株式会社 SL鉄道事業推進室(東京支店)」にて承ります。
※お客さまの環境(敷地面積や地盤強度、勾配、特殊車両の進路等)により御期待に添えられない場合もございます。